自分のしたいこと

写真

学科によってそれぞれのメリットは異なる

建築関係の専門学校に通いたいという人も多いのですが、学校によってそれぞれ学べる学問は異なります。そのため、建築関係で働きたいと考えている人ならば、できる限りしっかりと前向きに進路を考えましょう。たとえば、インテリアデザイナーやコーディネーターになりたいという人や、設計士として設計をメインとした仕事をしたいという人、リフォームなどの工事を専門的に行いたいという人など、多数の人がいるのです。それぞれの目標がどんなものなのかはっきりさせることで、同じ専門学校に通うとはいえども、学科が大きく異なります。通う年数や資格を取得するための方法も異なるので、便利に活用しやすいサポートが受けられるのです。納得できる学科に通うことを決めることで、メリットは異なるといわれています。

働きながらとるべきかあるいは学科で摂るべきか

基本的に専門学校とはいえども、資格を取るために必要といわれている年数は大きく異なります。2級建築士であれば、2年程度で取得することができますが、1級である場合には4年程度の時間が必要といわれているのです。さらに資格を取るときには、多数の人の視点に基づいて学習しやすい環境を整えられるといわれています。2年で社会に出て、専門的な知識を働きながら学んで1級を目指すか、それとも1級を目指しつつ、さらにプラスワンすることでより高い影響を与えられる建築士としての高い評価を受けられる資格を取りつつ4年学ぶのかを比較することで、良い結果を見いだせるかどうかなど、受験前に考えておくことは重要です。専門学校でもそれぞれのメリットはあるといわれていますが、ある程度下調べをしてから学ぶことで良い結果になるといわれています。

このエントリーをはてなブックマークに追加